IMG_3300.jpg

2020.11.21

種の拡散と再循環

秋の収穫祭

TŌGE 3

toge_03_white.png

野草の種は地中で六十年眠り続ける。

種を包む土に日が当たることによって、それらは芽吹く。

 

獣が野草の中を徘徊する。

 

身体には無数の野草の種子がまとわりつき、獣が動いた先に移動し、そこの土でまた眠る。

 

そうやって野草は自らの繊細な命を紡いできた。 人間や獣が、自然に立ち入ることによって、新しい循環をつくりだす手助けをする。

野草園の種の収穫祭と、パフォーマンス。

 

ゲストパフォーマーnouseskou